久御山ローカルコレクション

田んぼの中に未来都市? 360度撮影した久御山ジャンクションがサイバーすぎる

2017/01/25

 

こんにちは。カメラとバイクと大盛りが大好き。物欲と食欲にまみれた煩悩系男子、磯部亮太と申します。

突然ですが、皆さんは「久御山町」と聞くと、どんなイメージを思い浮かべますか?

生まれも育ちも京都市内の私にとって、「久御山町」のイメージはずばり「」でした。

だって久御山町と言えば……イオンモール?  それくらいしか思い出せるものがないのが正直なところです。

しかし、そんな私の久御山町へのイメージは、ある建築物との出会いによって大きく覆されました……。

 

久御山町は未来都市だった!

kumiyama-jct-2

ごらんください。漆黒の闇に包まれた田畑の中を進むと、突然、煌々と灯りの輝く巨大な建築物が現れます。

これは一体……。円形の構造物の中央は妖しく発光し、まるでSF映画に登場するような宇宙人の基地のようにも見えます。

そう……この建築物こそが、久御山町の誇るサイバースポット「久御山ジャンクション」なのです!

 

久御山ジャンクションとは

kumiyama-jct-3

久御山ジャンクションは、第二京阪道路と京滋バイパスをつなぐ高速道路上のジャンクションです。

2003年3月30日開通。かつて巨椋池があった広大な田園地帯の真っ只中に位置し、周囲に建築的な制約となる建物がほとんどないため、ジャンクションとして非常に理想的な線形(フルタービン型)をしています。

そのロケーションの良さから、映画『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』では、なんとレインボーブリッジのシーンを撮影するロケ地として使用されたという過去もあります。

のどかな田園風景の中に突然現れる「異質な巨大建築物感」が魅力のジャンクションです。

 

全天球カメラで撮った久御山ジャンクションがサイバーすぎた

今回は友人の稲田くんが「RICHO THETA」という全天球カメラ(自分の周囲上下左右360°が撮影可能なカメラ)を購入したと聞き、早速久御山ジャンクションを撮影してみました。すると……。

Post from RICOH THETA. #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

 

サ、サイバーすぎる……(絶句)。なんやこの、四方八方にうねってる道路!!SF映画のロケ地かよ…と思わせるほどの圧巻のビジュアルです。

漂う雲が、道路から噴射されている煙のようにも見えて、そこはかとないステームパンク感も演出してます。スゲェ……。

道路上に写る赤色や白色の線は、実は足元を走る車のライトの光跡がカメラによって捉えたもの。宇宙船、あるいは未来技術的なモビリティ(「AKIRA」でいう金田バイクみたいなやつ)が高速移動しているようにも見えて、胸熱……!

「未来都市ってこんなビジュアルになるのかも」なんて妄想をこんな田園地帯のど真ん中で味わえるとは……。ただの田舎だと思ってたけど、久御山町はサイバータウンやったんや……。

 

いかがだったでしょうか

kumiyama-jct-3

今回は未来都市、久御山町のサイバースポット、久御山ジャンクションの360度画像をお届けいたしました。

田んぼと巨大建築物が作り出すこの奇跡の絶景は、久御山町に住む人もそうでない人も必見です。この記事をご覧になって少しでも興味を持ったあなた、久御山町の「久御山ジャンクション」に是非足を運んでみてください。

田んぼの中に未来の1ページが垣間見えるかもしれません。

筆者のInstagramにて、撮影した画像を公開しております。よろしければご覧ください。)

 


【LINEユーザーの方へ】称名寺(寺motto)公式アカウントができました。何か気になること等ございましたら気軽にLINEからご連絡ください。月々のヨガクラスの情報やブログの更新情報もこちらからチェックできます。

→友達登録はコチラから(スマホのみ)

この記事が気に入ったら
Facebookでいいね ! しよう

The following two tabs change content below.

磯部亮太

無職。仕事を辞めた勢いで、四国一周八十八ヶ所を自転車で巡る。今度はインドを一ヶ月旅する予定。一体どこに向かっているのか?それは自分にも分からない。お仕事が欲しい。

-久御山ローカルコレクション
-,