久御山町民のためのグルメガイド

500円で溢れんばかりのまぐろ丼を食べられるお店が淀にあった!!!

2016/11/17

 

こんにちは。副住職のみずきです。

今日は「ランチはコスパが命」な皆さんに、朗報を引っさげてきました。

安くて・美味くて・ボリュームのある海鮮丼屋さんを淀駅付近にて発見したんです!!!

その名も、魚楽(「ととらく」と読むそう)。

訪れた後の率直な感想としては、「あ、これ久々にヘビロテ確実なやつ」。抜群のコストパフォーマンスでした。なんと、ワンコインで山盛りのまぐろ丼が食べられるんです。

久御山町付近でランチにお困りの皆さんのために、今回はコスパ最高の海鮮丼屋さん「魚楽」をご紹介します。

 

「魚楽」に行ってまいりました

魚楽

京阪の淀駅から歩いて2分。スーパーツジトミの正面にあるお店ですね。駅から歩いてすぐなので、お買い物帰りにでもふらっと立ち寄ることができます。

お店の外観にはいろんな種類の海鮮丼やお寿司の写真が……!これ見てるだけでも、よだれが止まんないっす……。たまらずに店内へ。

 

カウンター

お店の中はテーブル席4席、カウンター席3席ほどしかないコンパクトな作りでした。あんまり大人数のランチには向かないかもしれませんね。

お店の中の壁や柱にも、いろんな種類の海鮮丼、寿司ネタが所狭しと並んでいます。あまりの多さに決めきれなかったので、店員さんに「おすすめは?」と聞いてみたところ、「人気があるのは『まぐろ2色丼』」とのこと。

じゃあと、言われるがままに「まぐろ2色丼」を注文しました。

注文してから値段を確認すると、メニュー表には「500円」の文字が……!!!!
驚きの数字です。ちょっと安すぎませんか???

さて、注文して2・3分後、丼が到着しました。

 

まぐろ丼
ドーーーーーーーン

まぐろ丼
ドーーーーーーーン

500円でこのボリュームかよ……。比較的小ぶりの器ですが、これでもかというくらいのトロたたきと中落ちがご飯の上に乗っかっています。

「どうせまぐろは上に乗っているだけで、ほとんどご飯なんじゃないの?」と思い、掘り下げてみたところ「どんぶりのほぼ半分はまぐろ」という驚きのMAGUROパーセント。醤油を上からかけたいのですが、トロと中落ちの防衛網がスゴく、かける隙間がありません。

苦労してなんとか一口食べてみると、トロはクリーミーで甘く、中落ちは噛めば噛むほど旨味が広がっていき、ちゃんと2色の違いを堪能することができました。ご飯は酢飯になっていてネタとの相性も抜群です。

ボリュームに関しても、深めの器の底までしっかりシャリが入っているので大人も十分お腹いっぱいになれます。

さて、食べ終わってお会計と、席を立ったときに目に映ったのが「40円アップで大盛りに変更できる」との文字。

!?!?!?」身体中に電撃が走る。

「安西先生……大盛りが食いたいです……」

 

二度目の来店

「大盛りが食いたい」その衝動に駆られて後日、再び来店。頼むのはもちろん「まぐろ2色丼(大盛り)」です。

普通盛りでもあれだけの破壊力を秘めていた丼。はたして大盛りになれば、どれほどのビジュアルになるのでしょうか……。

 

kaisen-don

ドーーーーーーーーーーーーーーーーーーン

 

kaisen-don2

ドーーーーーーーーーーーーーーーーーーン

 

なんじゃこりゃぁ!!!まぐろが宙に浮いてやがる!!!!

暴力だ……!!もはやまぐろの暴力!!もう見た目だけでお腹いっぱいだよ!!

大盛りは40円アップで540円。コスパの良さにさらに拍車がかかって、もはやチート飯。コスパ重視の方には激オシできるお店です。

京都競馬場からも近いので、競馬で淀をお立ち寄りの際もオススメできます。負けた後の虚しさは、美味いまぐろでまぎらわしてください。

この記事が気に入ったら
Facebookでいいね ! しよう

The following two tabs change content below.

-久御山町民のためのグルメガイド
-