カジュアルに楽しむ仏教コラム

お釈迦さま’s B.D. FLOWER FESTIVAL!!に僧侶が行ってみた

4月8日といえば、そう、お釈迦さまのお誕生日。

毎年全国各地のお寺で、花祭り、もしくは灌仏会(かんぶつえ)という催事が行われるのが恒例だ。

 

しかし、お釈迦さまが誕生して約2500年経った2017年。花祭りは想像を絶するような形で我々の前に姿を現した……

そう、それが、「お釈迦さま’s B.D. FLOWER FESTIVAL!!」だ。

 

レッツ!中道!」

「SAY!一切皆苦!

お釈迦さまっハピパだぉ♡

 

ブッダでも胸焼けしそうなパワーワードのオンパレードはいったい…。初めてこのポスターを見た瞬間の衝動は凄まじかった。何一つとして理解できなかった。

ただ、ただ、すごい。しかも、主催は小籔だし。

このポスターから伝わるのは、間違いなく最先端の仏教イベントだということだけだ。もはや最先端すぎて誰も理解が追いついていないが。

これは新世代に生きる僧侶の一人として行かないわけにはいかない。ということで、東京でサラリーマン中の僕は、渋谷はSOUND MUSIUM VISONまで足を運んできた。

 

釈迦の目からビーム

 

新しいことわざにしよう。『釈迦の目からビーム』。

 

どないなっとんじゃ。でっかいお釈迦さまのご尊顔がステージに。その横でDJがゴリゴリのダンスミュージックを奏で、酒を片手に若者たちが踊り狂っている。

 

僧侶の僕は思った。

「楽しい。楽しいけど……

お釈迦さまの誕生日祝う気あんの??」

 

花祭りにお酒って……花祭りといえば甘茶でしょうよ。せめて、バーテンはこの日だけでいいから甘茶を提供してくれよ。それと、そのダンス。あれですか?一遍上人フィーチャーですか?現代版踊り念仏ですか? じゃあせめて念仏唱えてくれよ若者。あと、その釈迦の目からビーム、せめて額の白毫(びゃくごう)から放って。お釈迦さまは瞑想中に白毫から光を放って世界を照らしたとされてるから。そうすればビームも容認できるから。頼むからさ。

 

吐けるものを吐ききったところで、ここで一旦冷静になろう。

今思い返せば、クリスマスの日にイエス・キリストのご誕生を祝っている人が何人いるのだろうか。日本では「メリークリスマス!」なんて言いながら、お互いの彼氏彼女を祝ってたりする。「キリスト君のお誕生日会を企画してあげるね」と言っておきながら、キリスト君ガン無視でプレゼント交換してるようなものだ。

でも、「クリスマスといえばめでたい日」という認識は全国民の中に定着している。キリストを祝う気持ちは忘れているかもしれないが、クリスマスがイエス・キリストの誕生日だということは誰もが知っていることだろう。

 

それに対して、4月8日がお釈迦さまの誕生日だということを何割の人が認識しているだろうか。特に若者の場合、認知率は1割を切るのでは? そんな若者に「誕生日祝え」なんて言っても、「は?俺たち踊りてぇし?」と突っぱねられるだけだろう。

そういう意味では今回のイベント、花祭りという催事の存在を世間に定着するためには、うってつけの企画なのではないだろうか。とりあえず「楽しむイベント」として認識してもらうのだ。

特に、今回のイベントが凄いのは、普段仏教がリーチできていないクラブ系の若者(パーリーピーポー)に届けることができることだ。もしかすると、小藪は仏教を救うメシアとなるのかもしれない。もういっそのこと彼に委ねてみよう。

 

全力で楽しむ

ということで、余計なことは言わず、全力で楽しむことにする。

 

SAY !一切皆苦!

般若波羅蜜多!

 

リズミカルな仏教フレーズとともに小藪が登場した。クラブイベントで飛び交うまさかの仏教用語に僧侶の僕、悶絶。

「お釈迦さま、お誕生日おめでとうございまーす」

開始早々、小籔はそう言った。

これに対し、

イェーーーーーーーイ

と沸き立つパリピの若者。

 

それは未だかつて見たことのない光景であった。若者は今「お釈迦さまおめでとう」に対して、「イェーーーーーーーイ」と言っていた。これはどのような「イェーーーーーーーイ」なのか。「お釈迦さまご誕生おめでとうございます」の「イェーーーーーーーイ」なのか、「釈迦とかよくわからんけど小藪最高!!」の「イェーーーーーーイ」なのか。

とにかく、今まで仏教と交わることが少なかったであろうクラブ通いの若者たちが、釈迦の話で盛り上がっているのだ!この光景の異様さよ…。釈迦のご尊顔の前でノリノリで踊っているパリピを見ると、もはや感動すら覚えてきた。

 

このイベントは、「DJタイム→小藪のトークorゲストの登場→DJタイム」……と繰り返されていくようだ。

ゲストは超豪華。「1日でこんなに見てもいいの?」ってくらいボリューミーだったので、その模様を写真だけでお伝えしたい。

ViViの専属モデルが来たり、

 

モデルの藤井リナと品川が来たり、

 

品川庄司の漫才があったり、

 

ラッパー"ちゃんみな"のパフォーマンスがあったり、

 

 

あとは、ご尊顔に超スタイリッシュなプロジェクションマッピングが施されたりね。

いいぞいいぞ!もっとやれ!って感じ。

 

ギャルに仏教は刺さるのか?

今回の最先端仏教イベント、仏教的要素が皆無だったわけではない。僕もイベントの雰囲気に流されて自分が僧侶であることを忘れたわけでは決して、ない。

今回、唯一ディープな仏教の話が展開されたのが、「笑い飯哲夫による仏教講座」だ。

哲夫は芸人ながら般若心経の解説書を書いたり、東大で仏教の講演を行ったり、僧侶の前で仏教を説いたこともあるような、この世でブッダに最も近い芸人、いうならば菩薩芸人だ。

小藪が仏教にハマったのも哲夫の般若心経の解説書を読んだのがきっかけだったそう。

 

そんな哲夫による講義。正直にいうと、めちゃくちゃ面白かった。僧侶の僕がちょっと引くぐらい。

 

哲夫の営業を妨害したくないので講義の内容を詳細には書かないが、

本来はお釈迦さまの遺骨が入っている仏舎利を拝まないといけないはずなのに、お客さんのニーズに合わせて仏像を寺に配置してしまった悲しい歴史の話

如来・菩薩・明王・天のヒエラルキーを膝カックンとアクセサリーの有無で楽しむ話

奈良の室生寺にある戌神像が中学時代帰り道で絡まれたヤンキーの顔にそっくりだという話

どれも最高だった。誰もが分かるような卑近な例を使って、仏教を噛み砕いて説いているあたり、釈迦の対機説法を彷彿とさせる。対機説法というのはお釈迦さまが一律的に教えを説いたのではなく、人それぞれに合わせて伝え方を変えていったその説法のスタイルのこと。さすが菩薩芸人だ。

 

僕は哲夫の言うこと言うこと、ゲラゲラ笑っていたのだが、中には途中でステージから離れていく若者もチラホラいた。

「せっかくの花祭りなんだから仏教の話聞こうよ!」と若者の腕を引っ張りたくもなったが、「ああ、やっぱりそうだよな」と腑に落ちるところもあった。

今日ここにいる人は「クラブに芸能人がいっぱい集まるとか超アガる〜!」とか「小藪さまに会いたい〜♡」とか色んな動機を持って来ている。そんな彼らにとって、やっぱり今日の花祭りはただのパーティーだし、お釈迦さまのご尊顔はイカしたセットの一部にすぎない。仏教は刺さらないのだ。

 

「どうすればパリピの心に仏教を響かせることができるのか……」ブツブツと考えながら哲夫の講義が終わりを迎えたとき、横のギャルが一言放った。

哲夫やるじゃん。

えっ、と思ったのも束の間、その横のギャルが「あたし、哲夫の仏教の本買おっかな〜」なんて言い出したのだ!

 

「ギャルに仏教が刺さってる!!!!」

 

僕は驚きと興奮でいても立ってもいられなくなって、とりあえずステージのお釈迦さまに心の中で報告をした。

「お釈迦さまの教えは、2500年の悠久の時を経て、今ギャルの心に届きました!!!ギャルの心に届きましたよ!!!!」

お釈迦さまは笑っているような気がした。たぶん。

 

ギャラなしで企画した小藪の思い

さて、今回の「お釈迦さま’s B.D. FLOWER FESTIVAL!!」であるが、どれだけの若者の心に仏教を響かせることができたのだろうか。花祭りという催事の存在を認識してもらうことはできたのだろうか。仏教のファンが一人でも増えてくれたのなら、同じファンの一人としてとても嬉しい。

イベントの中で、企画者の小籔はほとんどギャラなしでやっていると語っていた。

彼は芸人であるがゆえ、心に秘めた熱い思いを正面から語ってくれることはほとんどなかった。しかし、彼がほぼギャラなしで今回のイベントを企画したというのは並大抵の思いではないだろう。一見ふざけたイベントのようにも見えるが、仏教への熱いリスペクトは確かにステージ上に満ちていた。

 

今回のイベントに限らず、最近はカジュアルに楽しめる仏教・お寺イベントが多い。形はどうであれ、仏教に触れる機会が増えているのは非常に喜ばしいことだ。

仏教とは生きるための教えであり、それは万人の心に響くものであると僕は思っている。多種多様な仏教イベントが一つの縁となって、多くの人の心に仏教が響いてくれれば僧侶としては嬉しい限りだ。

この記事が気に入ったら
Facebookでいいね ! しよう

The following two tabs change content below.

-カジュアルに楽しむ仏教コラム
-